Archive for the ‘未分類’ Category

有機炭素埋炭法(通常の炭の1000倍の力)

2022-07-04

大地に太古のエネルギーを回帰させる方法として昔から行われてきた埋炭法は、費用と労力がかかりすぎます。

もっと誰でもできる方法があります。 炭素は、もともと無機ですが、真空状態で窒素が関わると有機に変わりエネルギー量は通常の炭の1000倍と言われています。

弊社では、有機炭素の材料を竹(バンブー)を使いより通電性を重視しました。

◆私の家にも埋炭しました。

お問い合わせは、株式会社ナオキオーガナイズオフィ&ラボまで。

池(沼)の水質改善実証実験 コンパクトで安価を

2022-06-17
↑4月初めから泉大津市の池(沼)で水質改善装置での実証実験を開始

↑コンパクトで誰にでも手が届く水質改善システムを

↑ウルトラファインバブル法室

↑水質改善前の沼の水です。

↑約1週間後です。

↑沼の排水口付近から田んぼに

↑水質改善された水の引き込み

令和四年の米作り

2022-06-09

四月に田おこしとバクダモン+有機炭素で田んぼの土台作りを終えました。

五月二日、令和四年の田植えをしました。

今年も例年の波動結界農法にプラスして田んぼの通電性をアップするための新しいチャレンジをしました。 微生物を活性させるバクダモンと有機炭素を表層散布しました。そして、有機炭素を地中に埋炭しイヤシロチを加えました。(かなりのパワーに期待)

昨年のお米の味のランク付けは、最高のSランクでした。

↑今年の沙沙貴米のデザインです。

↑田おこしです

↑は、眠っている微生物を起こしております(バクダモン散布)

↑は、有機炭素+FMGを表層散布で田んぼの土の電気の流れをスムーズにしてます。

↑波動結界を作ります。このピラミッド型のセラミックを計算通りに田んぼの入れていくと田んぼの水の波動が劇的に変わります。

↑波動結界を終えたた状態です。

↑5月2日に田植えをしてから約ひと月で隣の田んぼとの比較で発育がこんなにも変わるとは・・・

毎年思うのですが波動は田んぼの畝など関係なく飛び越えて両サイドお隣さんの田んぼにまで影響をします。面白いですねえ。

田植えをしてから3か月半 収穫前・・・穂に実がぎっしりと詰まり例年より稲穂が重く、鈴なりに

なっていました。 実が重くてギリギリ耐えている茎の部分が湾曲にまがり何やら良い米が収穫できそうです。刈取り予定は8月28日

陽器(ヒキ)を使う

2021-11-19

大自然の原則で出来たものは私たち生き物にとってはストレスを与えません。

今回、紹介するものは、信楽の陶器の産地で生まれた発酵・保存、熟成をする器です。

信楽の産地はたぬきの置物で有名ですが、本来の信楽の産地は水を保存する水瓶や食べ物を発酵・保存・熟成させる器をつくる産地でした。

現代社会に於いて私たち人間は、化学の大発展により便利で安価なものを使う様になり生活も豊かになった様に思えますが、その反面様々な問題も表面化し、昔の人間には無かった病気やストレスを感じる様になり便利と使い勝手の良い化学物質を使うことの代償を今、支払わせられています。

これは、私たち人間が大自然の中ですべての生き物と共存してきた中で、特に微小な微生物との共存はバランスを保つことで素晴らしい恩恵を受けていたにも関わらず私たち人間が裏切ったとこに始まったと思います。

今回ご紹介する陽器(ヒキ)は、大自然がまだ残る信楽の山の土を100%使い、1300度という神域の世界の火で作られた陶器です。                        陽器(ヒキ)に使われる粘土は太古の微生物や鉱物のバランスが良い土です。

陽器(ヒキ)を掌で触れると微生物や良質の菌が喜び発酵・保存・熟成することが良く理解できます。

さあ、自然回帰で私たちも大自然の中の一部であることに早く氣付きましょう。

j.air mukuri 車載・USBからパーソナル仕様登場

2021-05-24

j.airに車のカップホルダーにぴったりと入る空間清浄機mukuri(むくり)が仲間入りします。

車載は勿論、パソコンのUSBに差し込むだけで自分の周りの空間除菌・除埃・消臭ができます。

機能は、ご愛顧頂いております木製ケース入りのj.airと同じで大量のマイナスイオンと微量の

オゾン(0.02ppm)で身体には全く影響のないすぐれものです。

価格は、@99,000(税込)

2021年8月20日より販売予定

お問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ドクター水素ボトルがリニューアルして登場

2020-12-10

W水素ボトルが2020年11月1日に医学博士 久保伸夫先生 完全監修によりリニューアルされました。

他社の水素ボトルを追随させないひとつ前のW水素ボトルでも世界ナンバーワンのカニューラ出口摂取時の水素濃度が414,333ppmという驚異的な濃度を放出していたのにも関わらず、今回発表されたドクター水素水は、約倍の水素濃度831,170ppmという異次元な水素濃度が放出される様に改良されました。

W水素ボトルとの大きな違いは、水素と酸素を分離する際の方式を改良されたことにより高濃度の水素を出す様になりました。

高濃度水素ボトルを体験されたい方は、弊社㈱ナオキオーガナイズオフィスまで

 

CYMOS Pyramid(サイモス ピラミッド)

2020-10-09

本年度で、2年目のサイモス波動実験米(魂喜舞:こんきまい)の収穫も無事に終えることが出来て、様々な方にお問い合わせを頂き、弊社が進めるプロジェクトの一つであるj.eat (ジェイ・イート)projectに参加したいと言われる方が出てきました。

2年目の米作りは、近江米の産地であります東近江市での安心・安全・からだにやさしいお米作りをしてまいりました。
それ以外にも、大阪府岸和田市の山手地区で、ぶどうを育てる方がすでに美味しいぶどうをサイモスピラミッドにより収穫が終わっております。
実験段階ではありますが、素晴らしいお味でした。

産地はまだ言えませんが、波動米を次年度取り組みたいグループが表れてきて、来季に向けj.eat projectが大きく進みそうです。

◆岸和田市ぶどう栽培

近江米をサイモスで・・・稲に実が入ってきた

2020-08-09

令和二年8月7日(土曜日) 五月の連休に田植えをした近江米(沙沙貴米)が稲を大きく揺らして実を持つ様になりました。
他の田んぼよりも遅めに成長しているかと思いきや、じっくりと自然のリズムに合わせて成長しているのだと感じました。

CYMOS実験米 東近江(沙沙貴米)大きく育ってます。

2020-06-25

5月のゴールデンウィークに田植えをしたCYMOS実験米(沙沙貴米)もすくすくと育ち、1回目の水抜きも終わりました。

令和2年のj.eat(日本の食)プロジエクトが始まりました。

2020-06-11

令和2年のj.eatプロジェクトの始まりは、昨年同様、日本人の主食である安心・安全な米作りからです。昨年は、大阪府泉佐野市上之郷でCYMOS60の波動米を実験し、見事に最高の状態のCYMOS米が出来ました(波動係数+21)。

今年は、作付けを増やし滋賀県は近江米で有名な東近江市でのチャレンジです。

5月の連休に田植えを済ませ、今年もCYMOSピラミッドを田んぼに入れました。今回は、昨年より作付面積が大きいのでセラミックの数量も計算して増やしてのチャレンジです。

今年も昨年同様CYMOSピラミッドを入れる前と入れてから2時間程度経過した田んぼの水を採取し、研究所に送りました。結果は、波動係数がはるかに上がってました。

実際にもセラミックを入れる前と入れた後の水質はかなりの変化を数人で体感し、何より近隣の田んぼよりも小動物の数と動きが半端なく違い、水面の動きが常に揺らいでました。

おおよそ1か月経過し、稲がすくすく真っすぐに天に向かい育つ姿は何時見てもいいもんです。秋の収穫が楽しみです。

*昨年のCYMOS米「魂喜舞」は作付戦績も少なかったので、予約が殺到し、すぐに完売してしまいましたので、今年のCYMOS米も予約での販売を考えておりますので、当ホームページのメールアドレスにご一報ください。楽しみです。

 

◆今年も始まりました。(沙沙貴の魂喜舞)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Older Entries
Copyright(c) 2018 Naoki Organize Office All Rights Reserved.